suzuka

鈴鹿店ブログ

病害虫の問い合わせが増えています&さつまいも苗の現状『農業屋 鈴鹿店』

皆さんお元気ですか?農業屋 鈴鹿店です。

 

気温が高くなったり低くなったりして、体調を崩しそうな日々が続いていますね。

曇り空の日も多く、植物にとっても辛い日々が続いています。

 

店頭でも、例年より早くウリハムシやケムシ、アブラムシなどの害虫類やうどんこ病、べと病などの病気の相談が増えています。

 ネギにつくネギアブラムシ

オクラに付いていたハムシの仲間。

オクラにハムシが付くというのはあまり聞きませんでしたが、明らかに葉が食べられてますね。

 

 

こちらは害虫ではなく益虫。

最強のアブラムシハンターてんとう虫の幼虫

 

また、一度暖かくなってから低温に当たったことで、とう立ち(予定より早く花が咲く)などの症状も見られています。

暑さと寒さ、どちらの障害も出ている感じですね。

植え直ししようとしても、珍しい品種の苗は今の時期ほとんど店頭にありません。

病害虫はなるべく早く対処することで、枯れてしまうことを防ぐことが出来ます。

こまめに観察して、葉かきや芽かきで風通しを良くしたり、初期のうちに病気になった部分を切除することで、病気や虫の害を防ぎましょう。

 

「そもそもの虫や病気の症状がわからない」ということでしたら、症状の出た葉や虫を捕まえて持ってきてくだされば、スタッフが診断のお手伝いをしますよ!スマートフォンなどで撮影してくださるのも効果的です。

 

農薬にも虫にのみ効く殺虫剤と、病気にのみ効く殺菌剤、両方に効く殺虫殺菌剤などがあり、その中でも得意な虫や菌があるだけでなく全く効かない虫や病気、使ってもいい野菜や花、薬害が出る植物、効果のない組み合わせがあるので、「前から使っていたから」と言うのではなく、是非一度スタッフに「この野菜にこんな虫や症状があるのだけど…」と相談してみてください。

 

 

 

さて、さつまいも苗の状況ですが、現状まだまだ充分に入荷していない状況が続いています。

とはいえ、先週までのようにほとんど届かない状態からは脱しつつある、という感じです。

店頭で充分な数が販売できるようになりましたら、のぼりやPOPでお知らせしますね!

 

 

 

 

 

鈴鹿店 奥田店長

CONTACT
お問い合わせ

TOPへ戻る