会社情報

クラギの事業展開
クラギ株式会社
クラギ株式会社(農業屋本部)
〒515-0818
三重県松阪市川井町花田539
TEL 0598-26-1111

クラギの採用情報

クラギの採用情報

これからのクラギを創るのは、みなさんです。これからの農業を支えるのは、クラギです

クラギの前身となる倉田儀八商店が創業したのは1603年。今から400年以上も前の話となります。ちなみにこの年は、ちょうど徳川家康が江戸に幕府を開いた年でもあります。

残念ながら江戸幕府は滅んでしまいましたが、クラギは時代の流れに合わせて柔軟に変化を繰り返し、勝ち残ってきました。

時代は変わって現在。様々なメディア等で「農業」にスポットが当たっていることを、おそらくあなたもご存知でしょう。そう、今は農業ブームである言っても過言ではありません。これまで農業に見向きもしなかった人たちが農業に注目してくれることは、私たちにとって喜ばしいこと。その一方で、農業を単なるブームで終わらせてはならないと危惧しています。

日本の農業システムは、他の産業と比べてまだまだ遅れをとっている部分がたくさんあります。もっと良いやり方があるだろう。もっと農家さんの不満を解消できるだろう。もっと消費者のために出来ることがあるだろう。そんな想いで、クラギはビジネスを展開しています。

 「農業マーケットは、もっともっと面白くなる」
 「農業マーケットは、もっともっと成長する」

そう断言できます。既存のマーケットに疑問を投げかけ、一緒に新しいことを仕掛けませんか?

クラギの採用情報

新たな種をまき、「億」を収穫する!

クラギが展開しているビジネスモデルは、今まさに多様化している最中です。農業用品の専門店「農業屋」の展開にはじまり、ネット販売、直売所運営、農業生産法人の運営など。今後も様々な展開を計画しています。

しかも、新規事業プロジェクトの中心には多くの若手を起用していきます。あくまでビジネスとして展開しているわけですから、当然結果が伴うシビアな世界です。若手だからといって、甘えは許されません。競合他社の参入も激しい世界です。そんな中で新たな仕掛けを作り、収益を稼ぎ出すということはつまり、タフな半面ヤリガイも大きな仕事であるとも言えるでしょう。決まったルールの中で、言われたことをやっていたい…そんな方にはあまり向いていないかもしれませんね。それよりも、「自分で何かを考え、チャレンジしてみたい」という方にはピッタリの会社だと思います。新たなビジネスの種をまき、ぜひ「億単位」の収益を稼ぎ出してみてください。もちろん、会社のサポートは惜しみません。これまでに蓄積したノウハウや信用を、思う存分使ってください。

クラギの採用情報

先輩の声

栂森 勇輝

栂森 勇輝
(とがもり ゆうき)
入社8年目
松阪インター店 店長

お客様との繋がりが深いのがクラギならでは。

学生時代、クラギの説明会に参加した時に「ここだ!」と思いました。「日本の農業を変えていく」という熱い想いに、強く共感したことを覚えています。 入社後、農業屋のスタッフとして配属。農学部出身なのですが、農業の経験はお客様である農家さんの方が、もちろん豊富です。その為、お客様から教えてもらうことがほとんど。一方的に商品を提案・販売するのではなく、お客様とたくさん会話をし、距離を縮め、より良い関係を築いていくことが、農業屋の一つの特徴なんです。つまり、初めは農業に関する知識がなくても、仕事の中で学びながら成長出来るということ。農学部出身でなくても活躍できる環境が整っています。

クラギでは、本当に色々なことを経験させてもらっています。店舗運営はもちろん、売上管理やマーケティング、マネジメントの勉強まで、本当に多岐にわたっています。自分の成長を肌で感じることが出来るのはもちろん、それが会社の成長に繋がっていることもダイレクトに感じることが出来るので、とても面白く、やりがいを感じています。

現在は、農業屋店長の傍ら、農業アドバイザーの勉強をしています。僕が入社当時からやりたかった仕事の一つです。農業は、土壌や天候、地形など、様々な不確定要素で収穫できる作物の質や量が左右されます。これらすべての知識を農家の方全員が持っているという訳ではないので、農業アドバイザーとしてサポートをしながら、より良いモノづくりができる環境を提供しています。今後は、農業アドバイザーとしてさらに成長し、「良いものが作れた!」「生産性が上がった!」というお客様の声をもっともっと増やして、色々と教えて頂いた農家の方々に恩返しをしていきたいと思っています。

新卒採用情報

中途採用情報

ページトップへ